SUP&FOIL day

2018.01.18

サイズアップしていたショップ裏。
最初はSUPサーフでと思いましたが見ているうちに波もあつめになってきてしまったのでやっぱりフォイルサーフ。
ずっと波がなかったので久しぶりにサイズのある波でのフォイルサーフ最高でした。
フィリオさん、ChizuchanもSUPサーフで楽しんでいました。

午後から潮の上げこみを狙ってリバーマウスへ。

EIGくんとMalcomがフォイルサーフのコソ練….。
フォイルサーフには最高の波ですが普通にサーフィンするにはまるで楽しくない波。


アウトサイドはショートボーダーのエリアなのでSUP、フォイルはさらにインサイドの川の中側からでも十分乗っていけるのですがやはりこここのあたりではしっかりとローカルサーファーが守っているポイントなのでビジターSUPサーファーが基本NGということで….

今日ここでSUPサーフ楽しんでいたのは通い続けて5年以上のOKM先生、でもOKM先生ですら今でもサーファーがいれば入らないしこの日もタルタルのブレイクで楽しんでいました。
このタルタルセッションがこのリバーマウスの醍醐味でもあります。

そのタルタル波でも最強に楽しめる遊びがフォイルサーフ。
本当に嘘でしょ?っていうような冗談みたいな波で楽しめてしまいます。

フォイルサーフ初めて5回目のEIGくんも日々のコソ練の成果でフォイリングのコツを掴んでいました。
さすが。




やっている人と見ている人の景色がまるで違うのがこのフォイルの面白さでもあって多分EIGくんは時速200kmの車に乗っているかのような気分(多分)、200kmは大げさですがオーバーヘッドの波に乗っているのと同じアドレナリンが出ていることには間違いありません。
この微かなうねりを拾って加速していくその感覚で大抵の人がはまっていきます、多分波乗りを知っている人ほどはまってしまうと思う…。
サーフィンから始まり、カイトサーフィン、SUP、そしてフォイルサーフとずっと一緒に上手くなってきた仲間がまた一つ新しいことをはじめ少しずつステップを上がっていく姿が無性にうれしくなり思わず連写….。
次回はビデオで。


今日のフォイルセッション、乗った距離どれくらいかなとgoogle mapで見てみるとゆうに200m以上は乗っている。
この日も夕方だけで10本以上に乗れているので2kmごえ。
どうりで海から上がったら足がガクガクになっているわけだ…。
ピークに戻るのにパドルもたくさんするし、波に乗っている距離も長いので下半身も使うし、最高のトレーニングになります。


遊び道具を変えることで普段入っている海では感じることのできな感動がある。
今日はそんな感動を仲間と共有できてさらにこの時間がハッピーなものになりました。

最高の木曜日。

今日もありがとうございました。