Foil Board

Friday TED / Kalama Performance入荷

2018.10.19
雨が降ったり止んだりの1日だった白里ビーチ。
ショップには先日ボードワークスの鈴木さんが届けてくれたInfinityの試乗ボードがたくさん。

どれも個性的かつSUPサーフィンに特化したデザインで才能ある若手ライダーも多く注目されているブランド。
TED SURFでもこのボードを置いているだけでみんなきになるようで波が良くなったら試乗してみてくださいね。


ハイパフォーマンスモデルのB-Line。

ロングボードタイプのSUPには目がないMr.Sato、Real Dealの9ftをピックアップして明日早朝の御宿セッションへ。

お昼過ぎには待望の現在最先端のハイパフォーマンスSUPフォイルボードと断言できるKalama Performanceが入荷しました。

5月にマウイへ雑誌 Oceansの取材で行った時にデザイナーであり真のウオーターマン、Dave Kalamaさんへのインタビューで彼がこのボードデザインについて語っていたことが。
このボードデザインが生まれたきっかけはフォイルボードをデザインしている時に常にサーフボードらしさをどこかに残していないと自分の中でまるで違うものを作ってしまうという一種の恐怖みたいなものがありそこから抜け出せなかった。
ある日、自分が作るのはフォイルボードでサーフボードではない、恐れることなく自分のデザインを突き詰めることにフォーカスすることで今のこのデザインが生まれたんだ。
今ではSUPフォイルの世界最先端のマウイ島では90%以上のSUPフォイルサーファーが彼のボードに乗るまでになっている。

ボードの特徴してはただただ特殊なアウトライン、そして強烈な厚み。

ノーズはラウンドボトム、そこからフラットになりレイルはダブルレイル。

エッジの効いたダブルレイルからキックされたテイルへ。

キックされたテイルはフォイリング時のパンピングをさらにイージーにさせターン時のテイルの引っ掛かりをなくしています。

全てがKalamaさんの日々のR&Dから生まれた机上の理論ではなく現場で生まれたボードデザイン、プロダクションと言っても一切の妥協はありません。
ボードが作られているのはキネティック社でJimmy Lewisのプロダクションと同じファクトリー、Jimmyのボードを乗っている人ならこの工場で作られるボードのクオリティの高さはわかっていますよね。

プライスは他のブランドのボードに比べてもカーボンの使用されている箇所が格段に多くその分高くなっていますがやはりマテルアルに妥協がないので軽く硬く仕上がっているのでフォイリング時のコントロール、そしてテイクオフが早くなっています。
TED SURFでは56、60をストックしますのでぜひ週末チェックしてみてくださいね。

[rl_gallery id=”55165″]


SOSのプローンフォイルボードもいよいよ残り3本….。
Cloud IXのサーフフォイルはP27のラージフォイルが残り1set、P24のミディアムフォイルはまだ在庫ありますのでSOSとの組み合わせですぐにフォイルサーフィンスタートできます。

こちらのGofoil、Kaiモデルは中古で120,000円ですが新品とのボードで揃えていただければさらにお安くできます。

週末の天気、波は予報的には微妙そうですがショップへのお越しお待ちしております。

 

 

ピックアップ記事

  1. 波に風に楽しめた土曜日

関連記事

  1. Foil Board

    SUP/FOIL/SURF

    2018.01.04お正月休み最終日の方も多かった木曜日の白里ビー…

  2. Foil Board

    いつもありがとうございます / KT SUP FOIL BOARD

    ハワイツアーを無事に終え帰国した翌日の月曜日。オーダーをいただ…

  3. Foil Board

    fun Wednesday

    2017.04.05水曜日。朝のうちは風が弱いかもと8時すぎに…

  4. Foil

    自由すぎる水曜日

    2017.09.20水曜日ミドルで割れるか割れないかな…

  1. Riding Report

    サイズアップした土曜日のセッション                 
  2. MFC

    カイトフォイルからの模様替 / MFC 中古&特価フォイル紹介
  3. Staff

    行ってきます!
  4. Foil

    TED FOIL MEET
  5. Staff

    New Ted T-Shirt !!
PAGE TOP