九十九里南風本格スタート / KITE & WING

2022.04.09
朝のうちは風も弱めでSUP&FOILができていましたがあっというまに風が吹き上がりまさかの午前からのカイトコンディション。

長年の経験で風が吹くタイミングがわかっているShinoさんは早くからセッティングして風が吹くと同時にDuotone Evo 11でライディングをスタートしていました。
さすが….。

昨年からDuotonで心機一転、道具の完成度の高さでサンデーカイトボーダーですがいままで以上に楽しめるようになっているように見えます。

Shinosan

朝はフォイルからのカイトボードを楽しむMach JJさん。

Macha JJ

春の風に釣れられてあんな人や、こんな人も…笑


Kenkenはストラップレススタイルでエントリー

Shinosan

kenken

Taochan

ブランクを感じさせないサーフカイトでのライディングだったKabachan。

こちらもさすがのライディング….
カイト、フォイル、SUPサーフとマルチに海を長年楽しむTAOchan。

Tao style

 

この投稿をInstagramで見る

 

TED SURF(@tedsurf)がシェアした投稿


午後になりさらに風が強まりウィングクルーはダウンウィングをするのに風上のポイントへ集合。
SUP&SURFメンバーのYSDくんがハイエースでピストン輸送してくれていました、ありがとう。

Sudosanで4.0でオーバー、やはり春の南風の吹き上がりはやっぱり強烈ですね。

Sudosan

さすがの安定感。

ウィングフリークのUchiyamaさんも一日乗り倒していて久しぶりの強風コンディションにストークしきっている感じでした。

でもだれが一番ストークしていたかというと….


Malcomくんでした笑
Armstrong A-wing3.5を使うときの彼のライディングは無双状態。
この日もアウトサイドからいいうねりをつかみ一筆書きの気持ちよさそうなライン取りでサーフフォイル楽しんでいました。


高橋名人もダウンウィングセッション参戦

最強の金氏親子….

スタッフシュンスケが続々とひよこ部隊をアウトサイド送り届けてくれていました。

MUU〜
ダウンウィング初体験の方たちもいましたが強い風で何もしなくても風下に流されていくのでその間にスタートの練習もできもとの位置に戻る必要もないのでかなり濃い練習ができちゃいます。


goproをもった僕はつの丸さん、Ryuトップ集団を走ってしまい皆さんの写真をとることができませんでした….
撮れたのはこのつの丸さんの写真のみ….
次回はgopro maxを背負ってライディングします。

今回のセッションで覚醒したRyu。


ジャンプ台を見つけるたびにエアーをしていて高いエアーをメイクするのも時間の問題ですね。

風を抜いてのシバーサーフフォイルもプローンやトウインの効果かもう普通にできてしまっていてうねりのライン取りももう教えることはないな….と。
↑ Ryu-Bのtakuma RS wingでのライディング

つの丸さん 
白里一番乗りはつの丸さん

2番手はなんと1chan。

僕とRyuは軌道を外れてかなり風下に漂着笑

参加した9名無事に全員白里につくことができました。
次回もまた波が小さく南風が強く吹きそうな予報のときはまた下ろうと思います。

ショップも朝からウェットスーツのオーダーフェアーでたくさんの方からのオーダーを頂きありがとうございました。

↑ Ryu-Bのtakuma RS wingでのライディング