ウィングフォイルスクールのち放課後サーフ

2021.10.11 
 
朝から素晴らしい陽気だった九十九里。
もう10月中旬ですが夏と同じTシャツ、ボードショーツ。
暖かいのは最高ですがいきなり寒くなったときの反動が怖い….そんなときのために冬支度はお早めに〜。

本日はお二人のフォイルスクール。
おふたりともウィングフォイルをマスターしたいということでday1はジェットを使ってのレッスン。

ウィンド歴、カイト歴が長いTKHさま、風を受けるスポーツすでにマスターしているのでフォイリングさえわかればあとはどんどん上手くなりそうです。


中古フォイルセットを購入しさっそくレッスンを受講してくださった気合の入ったスクール生NKZさま。
後半ロンググライドしてにっこり。
次回は風を受ける練習になりそうです。

レッスンをやりつつ。

夢のトウインフォイルをしたいというショップメンバーのTakumiくんとショップスタッフのShunusukeのジェット講習も並行して行っていました。


ふたりとも飲み込みがはやくレッスン後はふたりで練習をするまでに。


Sawakoちゃんも飛べるようになっていました〜。

若者が新しいことにチャレンジしていくことはいいことですね、ムチとアメをうまく使ってハードコアな世界に引き込んでいけたら嬉しいですw。

この後ショップに戻りスクール生のTKHさま、なんとウィング一式ご購入してくださり嬉しいサプライズ。

ありがとうございます。

ショップ裏、最高の南風が吹きカイトサーフ楽しそうでした。

夕方はRYU-Bが放課後海活なのでリバーマウスへ。


ショーンのこのフィン、6年前に直々に受け取ったものですが未だに気に入って使っている大切なフィン。
いいものは色あせません。

千葉のなかでもいまだにコアなローカルポイントとして存在するこの場所、夕方になると顔みしりのサーファーだけになりビジターからしてみればなんだここは?みたいな感じになりますが本来どこのサーフポイントも本当はそんな場所だったですが時間がたち、人が増えることでそんな色がうすまり良いも悪いもどこも優しいポイントになってしまったところも多いですがここはまだ古き良き時代を感じさせるポイント。

マウイ時代からの親友マイクからサーフィンを教えてもらうRyu-B。
まさかこんなときが来るとは、感慨深いものがあります。

Ryu-B / FCD Wild Boar

青いボードにしてからテイクオフが楽でショートが楽しくなったというRyu、これからもしかしたらどんどんハイパフォーマンスのボードにのるだろうけど基本を身につけていくにはこのボードが本当に最高なのかもしれませんね。


Uncle Mike

ミヤギさんとダニエルw


Taiyou

Taiyou

Taiyou


うまいお兄ちゃん達に刺激をうけてどんどん波にのるRyu-B.

いい波にのれてよかったね。

スクールで一日ショップにいれず申し訳ございませんでした。