GOFOIL

Kalama Performance 5`6 / Gofoil GL210

Kalama Performance & GL 210、2020年モデルの最先端のSUPフォイルボードとフォイルを河口でテストライド。
波質は押しが弱く、一度ブレイクするとうねりだけが川の流れとともに上流に向かうフォイルでもうねりのピークをはずとリフトをキープすることが難しいコンディション。

プローンで小さいウィングだとパンプを続けないとリフトが難しいのでこの日はKalama Performance とGL210の性能を知るのには最高のコンディションだと思いこのセットをチョイスしてみるとやはりボードに関しては昨年モデルでここをこうしたらというところが全てアップデートされていました。

昨年モデルだとノーズのボリュームがパドルをしているときに若干抵抗になっているのを感じ、またテイクオフしたときにそのボリュームあるノーズがリフトしたときに左右に振られるの感じたけど今年モデルはそれがなく普段SUPフォイルをあまりやらない僕でもそこは肌で感じることができたことでそれがどれだけライディングに影響するかというとテイクオフするまでの過程が今まで4あったとすると2くらいまで短縮されたくらい劇的なモデルチェンジだと思う。
フォイリングをスタートしてターンをしているときにレイルが噛みそうになっても今年のシャープになったレイルが水に馴染まず切り裂いてくれスピードが維持されるのでたとえフォイルが水から浮き出てしまってもそのあとのリカバリーが楽になっている。

例えとして少し大げさかもしれませんが昨年モデルがジャンボジェット機だとすると今年モデルは最新鋭戦闘機のような感じ(両方とも操縦したことがないのですが….)、またプローンフォイルをやっているライダーだとそれを感じることができると思うのですがライディングしている感覚がSUPフォイルの乗り味でなく、プローンフォイルに近い乗り味でよりコンパクトでドライブのきいた乗り味を味あわせてくれるのには正直驚いた。
これだったらプローンでは絶対乗ることができないうねりでテイクオフし、うねりをターンでつないでくるフォイルサーフィンを始めた誰もが夢見るライディングがこのボードに乗ることでかなり近くなるのでは….と感じた。

カラマと一緒にテストしたのがGofoil GL210、そのグライド性能に世界でもオーダーが殺到しているという話題のフォイル。
TED SURFのお客様の中でもすでにGL180でライディングを始めてこのウィングの虜になっていてショップでもやはりこの最新フォイルを使わないと話は進まないと先日オーダーして届いたのがこのGL210。
GLを使った皆さんがいうのがリフト力がすごいということでこの日かなり慎重にテイクオフをしてみると….
予想以上に突き抜けるようなリフト感がなくテイクオフをしてスピードが出るとジワーとリフトがスタートし始めるとそこから加速度的にスピードが伸びていきぐんぐんリフトしていく。
この日のコンディションがうねりと川の流れが一緒でパワーのないコンディションだったということもありいつもならリフト感を感じることが難しはずなのが一度リフトしたGL210はどんなに弱いうねりでも然るべきポジションにさえいればほとんどパンプなしでリフトをキープすることができるのには正直驚いた。


昨年もフルカーボンモデルでしたが今年から採用されたE2カーボンがボードの強度を高めていて水の反発が強くなっていてテイクオフからフォイリングのスピード早くなりました、ボトムとレイルシェイプが変更されたといこともありましたがそれと同時にこの素材の変更は劇的にライディングを変えてくれるのが乗ればわかります。

TED SURFのフォイルミートに来てくれたカラマさんもこのプロダクションモデルの出来には相当気に入ったようでテストボード以外はこのプロダクションモデルをメインに乗っていくようになるだろうと言っていた、理由はカスタムより軽く、頑丈にできるから。


GLはターンが難しいという話がどういうわけか先行していましたがウィングの形状、210というサイズからは想像できないくらいドライブの効いたターンをすることができる。
そして後から写真を見るとほとんど何も見えない微かなバンクで…。


GOFOIL GL ウィング (税別)
GL 180 ¥117,000
GL 210 ¥122,000
GL 240 ¥127,000
GLにはバックウィングも特殊なパーツが必要で ペダスタルという薄いウィングを取り付ける土台となるパーツが必要となります。
GLペダスタル ¥17,000 
GL 18N        ¥25,000
GL 18W       ¥25,000

僕の体重は72kg、本当は5`0が欲しかったのですがちょうど在庫がなく56fでのライディングでしたがこのサイズ感がよくわかり昨年までは56はエキスパートモデルでしたが今年になりこの56はある程度のSUPスキルがある体重の軽いライダーだったら入門ボードとしても最高だし、体重のあるエキスパートライダーだったら最高のパフォーマンスを約束してくれるハイパフォーマンスボードだと思います。 

Kalama Performance 2020 
Price List 

5`0″x26 3/4×4 7/8 Blue or Orange 285,000円
5`4″x29 x 5 1/8 Blue or Orange 290,000円
5`6″x27 1/2 x 5 5 1/8 Blue or Orange 290,000円
5`8″x29 1/2 x 5 1/8 Blue or Orange 295,000円
6`2″x29 1/2 x 5 1/8 Blue or Orange 305,000円
6`8×30 x 5 1/4 Blue or Orange 310,000
     
     
     
     
 

 

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

ピックアップ記事

  1. 波に風に楽しめた土曜日

関連記事

  1. GOFOIL

    GO FOIL IWA ver.1.5

    今日お客様からオーダーを頂いたGO FOIL IWA Ver.1.…

  2. GOFOIL

    Gofoil GL 210 / Gofoil mast ver.1.5

    フォイルサーフィンのトップブランドであるGofoilが満をじして発…

Calendar

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

TED SURF

TAG index
"真剣に海で遊びたい"
そんな方のためのビーチハウス
TED SURF Ocean Sports
九十九里の丁度真ん中に位置するオーシャンスポーツに最適な白里ビーチまで歩いて一分の場所にあります。
サーフィンはもちろんのこと、風を使うカイトサーフィン、ウィンドサーフィン、世界中で人気のSUPとトータルにオーシャンスポーをカバーしている圏内随一のオーシャンスポーツショップです。
ショップのまわりにはウッドデッキが一面にはられ、海のコンディションに左右されず休日をゆっくり過ごしたい方、そして波、風のコンディションが整ったときには思いっきり海を楽しみたい方を120%サポートします。
TED SURF
www.ted-surf.com
mail@tedsurf.com
千葉県大網白里市南今泉4881-20

instagram

  1. Staff

    1129DAY
  2. Staff

    賑やかなTED’S TAITOをお届け
  3. FOIL BOARD

    Jimmy Lewis SUP Foil
  4. Kitesurfing

    Kitesurf→SUP&Surfingスクール
  5. SUP

    Fun SUPな1日
PAGE TOP