Foil

FOIL SURFING SCHOOL

2018.10.28
白里は風が止まっていましたが昨日からのハードコンディションが続きインサイドが強烈に流れていて厳しいコンディション。
朝一から波いいかもとテンションあげてきたメンバーさんもがっかり。
南下していくメンバーさん、北上していくメンバーさん、ショップに残るメンバーさん、それぞれ。
こんな時はしょうがないですよね….。

一人早い時間から南下してInfinity New Deal 9ftを初おろししたSatoさんのポスト。
最高に楽しいボードだったようで来月のパプアニューギニアツアーも楽しみですね。

僕は朝の早い時間からフォイルレッスン。
その間白里には南西の風が入りさらにジャンクになってしまっていたようです。

一人練習をしていたENKDさん、次回はベストを着用して海に入るようにしましょうね。
安全第一です。

フォイルサーフィンスクールは本日2名。

この日2回目のフォイリングのShimamotoさん、だいぶ自分でフォイルをコントロールできるようになり飛び上がってからの安定感がましていました。

あともう一回ほどやればもうほぼマスターですね。
次回のお越しお待ちしております。

一時間ぶっ通してやったので上がるともう足腰がガクガク….。
誰もが通る道です笑

二人目はプローンスタイルでフォイルサーフィンを始めていたIsoyaさん。
波でテイクオフできるのですがその後のコントロールができないと悩んでいたところにこのマリンジェットでの講習がスタートしたのでこれをチャンスにとレッスンを受けてくれました。

足のポジション、姿勢などを調整していくにつれて距離を伸ばしていき後半はロングライドできるようになりました。

波での練習だけだとどうしてもテイクオフしてからの風景、フォイリングのイメージが湧きにくくこうして長い距離フォイリングするとフォイルがパワーを持つ感覚など体に染み込ませることができるのでこの後波で練習すると劇的に変わるのでどんな人でも最初はこのマリンジェットからの講習をお勧めします。

レッスン後メンバーさんがリバーマウスで練習していました。


Asahi

Asahiにはスリングショットのボードをテストライドしてもらいました。

彼がいつも乗っている3`6に比べてサイズが大きく彼にとってはオーバーフローだったようです。
ボードサイズを小さくすると走らなくなる=フォイルサーフィンには当てはまらず、ボードサイズを小さくすることで感覚的にはワンサイズ大きいフォイルを使っているかに感じるようになります、不思議ですよね。
なのでSUPフォイルでも昔ながらの大きなSUPボードにボックスを入れてミドルサイズのフォイルで練習を続けている人もいてもちろんそれでもライディングできますが、このフォイル革新によりフォイルサイズを上げるよりもボードサイズを小さく(浮力ではなく長さ)することで格段にライディングが変わります。
ボードによって乗りやすさが変わってくるのは普通のSUPやサーフィン以上に感じることだとこのフォイルサーフィンに関しては思います、なのでボード選びがとても肝心です。

この日も絶好調だったTAOchan。
奥様のMikuchanもあと少しでチャクラが開きそう….ということでこの冬でマスターですね。

インサイドよりのシャバシャバなブレイクを掴みただのうねりでライディングを続けるアサヒ、Naish Thrsut Mです。

TED SURF Daily Clipでこの日の様子をチェックすることができます。

Mori-C、ジェイソンさん、僕とでアウトサイドへ。


Makichan

EIGkun

Towingでうねりをフォイリングするジェイソンさん。


MoriC

さすがの適応力だったMori-C。

Asahi

 

View this post on Instagram

 

@yusukemorishita was chasing sunset 🌅 #tedsurd #foilsurfing #フォイルサーフィン #loyaltothefoil #goprojp

Far East Foil Clubさん(@fareastfoil)がシェアした投稿 –


彼ののるボードはフォイルサーフィンのカルチャーの最前線であるカリフォリニアでR&DをしているWest Coast Foil Clubのボード。
デザイナーはジェフリーハーレー、ライアンハーレーとともにフォイルサーフィンの最先端のムーブメントを起こしているブランドで彼たちの開発したまるで小判のようなボードデザインは多くのボードメーカーをインスパイアしこのデザインが今ではスタンダードになっている。
Asahiののるボードは3`6とさすがにこのボードに乗れるレベルは限られてきますが4ft後半のサイズでしたらパドルスキルのあるショートボーダーなら間違いなくファーストボードとしても使用できます。
現在ショップには最新のフルカーボンモデルも届き4`4のデモボードもあるので興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね。


TaochanののるのもWCFCの4`6。

フライングボディフォイリング…。

日曜日のテッドサーフもご利用いただきありがとうございました。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

ピックアップ記事

  1. 波に風に楽しめた土曜日

関連記事

  1. Foil

    TED FOIL MEET

    TED FOIL MEET2018年5月19日、20日に日本初とな…

  2. Foil

    FOILスクール / TED SURFパーティ in Tokyo

    2018.10.18北東の風が朝から強めに吹いていてカイトサーフコ…

  3. Foil

    Slow Monday

    2018.04.23月曜日。昨日に比べて肌寒い1日だった外房。…

  4. Foil

    SUP&FOIL

    2018.01.21…

  5. Foil

    Foil day

    2019.09.17 …

Calendar

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

TED SURF

TAG index
"真剣に海で遊びたい"
そんな方のためのビーチハウス
TED SURF Ocean Sports
九十九里の丁度真ん中に位置するオーシャンスポーツに最適な白里ビーチまで歩いて一分の場所にあります。
サーフィンはもちろんのこと、風を使うカイトサーフィン、ウィンドサーフィン、世界中で人気のSUPとトータルにオーシャンスポーをカバーしている圏内随一のオーシャンスポーツショップです。
ショップのまわりにはウッドデッキが一面にはられ、海のコンディションに左右されず休日をゆっくり過ごしたい方、そして波、風のコンディションが整ったときには思いっきり海を楽しみたい方を120%サポートします。
TED SURF
www.ted-surf.com
mail@tedsurf.com
千葉県大網白里市南今泉4881-20

instagram

  1. おしらせ

    SUP Clinicのお知らせ
  2. Riding Report

    after the typhoon
  3. Riding Report

    windy friday
  4. Naish SUP

    1月も終わりですね /Naish Hokua7`10X27.5LEをスペシャルプ…
  5. Riding Report

    冬は冬らしくやっぱり海?
PAGE TOP